2009年4月22日 (水)

審美的?美容歯科的アプローチ ラミネートベニア

審美歯科、という言葉を使うのにはいつも、?、という気持ちがありまして...

ただ、昨今の患者に定着しているワードとして、説明しやすいのでつかっていますが。

 

また難しく書きそうなので、その理由は書きません...

 

患者は

1.変色(着色ではありません、内側からしっかり色が変わってしまっている状態)歯を気にしています。 テトラサイクリン系抗生物質の服用による変色歯と思われます。

 

2.前歯の歯並びが悪く不衛生になってます。

 

3.↑実は歯医者で、かみ合わせももう少し治したいと考えています。

 

 

さて、僕は、かみ合わせの研究をしてきて、論文も多数書いておりますが、正直、かみ合わせの正常さを声高に、明確に言えるとは思っていません...

ですので、一般的に正しいとされる噛み合わせを付与しました。

 

彼(歯医者友人)に僕は以前、

『歯医者は綺麗な歯をしてなければならない、気がする。絶対ではないけど。

先進国で先端医療をリードしていくには、自身が綺麗にしておかないと!』

 

という得意の説教から、結局治療は僕になってしまいましたが...

 

術前写真と術後写真を今度アップします。

歯並びは、少し、ほんの少し、デコボコにしたほうが自然なんですよ。カッコイイです。

 

大竹貫洋

 

 

2009年4月16日 (木)

安定した初期固定  上顎骨が少ない症例で

本日も、デンタルクリニック高円寺の大橋先生http://www.dc-koenji.jp/ と一緒にソケットリフトを行いました。

ソケットリフト時、シュナイダー膜に近いところにある骨を形成する際に少し工夫をしてます。


1.小さめな径のオステオトームで初期挙上を行い、

2.鈍的に手指にてマーカーを丁寧に押し込みながら、人工骨をコンデンスし、

3.(今回は)セルフタップ型のインプラントでさらに骨を拡げながら人工骨を骨折骨下に定位させる


インプラントフィクスチャーの先端付近への初期固定がよくなります。


ポーラスな骨である上顎骨は、セルフタップ型のフィクスチャー本体で少し拡大させます。



一番注意しているのは、むしろ、歯槽骨頂のホールをどのように形成するか、ですね。


ホールの最終径(入り口)は見えるので分かります、フィクスチャーが接する最も膜よりの径(出口)も微小骨折は伴っていますが想像ができます、が、その間はやはりイメージしにくいですから。


そのイメージの難しいところを、骨の脆弱さを利用して、テーパーのついたフィクスチャーで塞ぎながら拡大させる、というイメージです。



大橋先生とはかなり数をこなしてきまして、より安定したオペになってきています。



オオタケデンタルオフィス 大竹貫洋